female

更年期障害になるメカニズムを知ろう|様々な対策法がある

女性ホルモンの減少で発症

考え方をプラス思考にする

hospital

更年期障害は女性に特徴的な症状で、45歳から55歳にかけて起こります。女性ホルモンのバランスが崩れるのが原因で、精神的にイライラしたり身体がほてったりといった症状が出ます。更年期障害は病気ではないので、普通に日常生活をおくることができます。注意点としては食生活や運動や睡眠をたっぷりとることが必要です。気持ち的には衰えを嘆いて落ち込むのではなく、第二の人生のスタートだと思って考え方を前向きにすることです。食生活での注意点はカルシウムとビタミンDを多く摂取することです。サプリも効果がありますが、なるべく食事で取ることが大切です。特にイソフラボンの含まれている大豆製品が更年期障害には効果があります。

ホルモンを補充する治療法

更年期障害の特徴は症状がひどい人もいれば軽く済む人もいるということです。また50歳前後の女性がなると思われていますが、20代や30代で症状が出る人もいるのです。これは女性ホルモンのバランスが崩れるのが原因だからです。女性ホルモンの中でもエストロゲンという成分が減少すると自律神経のコントロールができなくなり、様々な症状が出るのです。ですから更年期障害の治療ではエストロゲンを補充する注射をして治療をします。また漢方薬で治療をすることもあります。更年期障害の治療の特徴は対処療法が基本だということです。なぜなら病気ではなく、加齢による卵巣機能の低下という自然現象が原因になっているからです。医師の処方に従って焦らず治療することが必要です。

Copyright©2015 更年期障害になるメカニズムを知ろう|様々な対策法がある All Rights Reserved.