female

更年期障害になるメカニズムを知ろう|様々な対策法がある

更年期に現れる症状

doctor

閉経後の50歳前後の女性に多く見られる、自律神経失調症状と精神症状を総称して「更年期障害」と言います。内科や精神科での更年期障害の治療は、発症の原因となっているストレスを軽減する為に、生活習慣や生活環境の改善が基本となります。更年期に発汗やうつ症状が現れたら、放置せずに内科や精神科を受診しましょう。

もっと読む

女性ホルモンの減少で発症

hospital

更年期障害は女性に特有の症状で、50歳前後に発症します。女性ホルモンのバランスが崩れるのが原因です。気をつけたいのはマイナス思考にならず、第二の人生のスタートだと思って前向きに考えることです。病気ではないので治療は対処療法が基本です。ホルモンを補充する治療が行われます。

もっと読む

若い人にも注意したい病気

生活習慣の改善と同時に更年期障害に効果のあるサプリを飲みましょう。体の中から改善できるのでおすすめです。

生活改善にも効果

Low back pain

閉経が近づいてくると、女性はホルモンの関係により、体調に変化が表れてきます。体調の変化において、特に40代の女性に多いのが更年期障害です。更年期障害による症状は様々で、体のだるさやほてりなどの身体的な症状から、抑うつ状態やイライラが止まらないなどの精神的症状、月経周期が乱れるなどの生理的な面での変化が起こることが挙げられます。また更年期障害がきっかけで、糖尿病や骨粗しょう症などの病気を発症する可能性が高くなることもあります。基本は薬による治療になりますが、食生活での改善を図ることでも症状を和らげることができます。例えば、ホルモンの安定を図る効果のある亜鉛を多く摂ったり、ホルモンと似た性質を持つ大豆製品を意識して食べるなどで、一定の効果が期待できます。

ストレスを少なくしよう

更年期障害を発症する人は、中高年に多いと述べてきましたが、実は最近では若い人にも更年期障害を発症する人が増加しています。これを若年性更年期障害といいますが、症状はほとんど同じような症状が出てきます。よく生理前などにイライラしたり、気分が落ち込みがちになる人はいます。若年性更年期障害の場合は、そのような症状に加えて、変な汗が止まらなかったり、動悸が激しくなるなど、明らかに普段と違った症状が出るのが特徴的です。原因としては、ホルモンバランスによる乱れが主ですが、その背景には無理なダイエットや偏った食生活、生活環境の中でのストレスなどがあります。治療は婦人科でピルや漢方薬などを使って治療していきます。また、気持ちの浮き沈みなどが大きく感情のコントロールが難しい場合は、心療内科や精神科といった医療機関の協力を借りて、抗うつ剤や精神安定剤などを処方してもらうケースもあります。

健康に年を重ねる方法

female

更年期障害は更年期を迎えた女性に発症する事がある病気です。心身に違和感を覚えた場合は病院に通って治療を開始しましょう。更年期障害の治療には多くの場合ホルモン補充療法が用いられます。これにより症状が劇的に改善するケースもあるのです。

もっと読む

Copyright©2015 更年期障害になるメカニズムを知ろう|様々な対策法がある All Rights Reserved.